水分や温度を調整して、花の生育環境を整え、必要な時期に安定供給するためには、温室での栽培が欠かせません。

温室にAIの選択肢

温室には、ビニール温室、ガラス温室、植物工場など様々な種類があります。ガラスの温室ではクラシック音楽をかけているのを目にすることもあります。植物博士のバーバンク氏が、サボテンやジャガイモに愛情たっぷりに語り掛けることにより、品種改良を行ったように、植物にも音楽を聞かせると成長が促進されることが報告されています。また、害虫を退けるため、超音波の装置も使われています。最近では、植物工場の自動制御のプログラムがAIロボットに置き換わりつつあり、熟練を要する栽培技術をAIで叶えるため、筑波大学と株式会社トーヨーエネルギーファームか産学連携により開発し、実験を行っています。